~ 道路の魅力向上(道路協力団体制度) ~

query_builder 2024/01/26
ブログ
LoveRoad


写真:ラブロード南信州の日


私たちの生活に「道路」の存在は欠かせませんし、あまりにも生活に必要で常に利用しているものですから改めて存在を意識することも少ないと思います。


でも、車で道路を走行していると草が伸びていたり、ごみが落ちていたり、気になることもありますよね。

道路を管理している行政にすべてを求めることは簡単ですが、必ずしも適切な対応方法とも言えません。

最近は道路わきの花壇に「道路アダプト制度:この花壇は○○が管理しています」というような表示もあって、道路を気持ちよく利用できるよう地域や企業が道路環境の整備のお手伝いをしている例もあります。


一方で「道路協力団体制度」というのもあって、その説明には「道路における身近な課題の解消や道路利用者のニーズへのきめ細やかな対応などの業務に自発的に取り組む民間団体等を支援し、地域の実情に応じた道路管理の充実を図ることを目的とした制度です」とあります。


2024(令和6)年1月24日(水)にその指定証の交付式がありました。 今回指定された団体は、池田建設株式会社の代表が会長となっている「(一社)長野県南部防災対策協議会」です。指定は飯田エリアでの第1号となります。


協力する内容は

①道路清掃活動

②道路不具合箇所の道路管理者への通報

③災害対策用資材の備蓄、点検

になります。

これまでも30年以上続く「ラブロード南信州の日」としての道路清掃活動も行ってきました。


道路の区間は国道19・151・153号と広範囲で大変ですが、私たちが道路など快適に利用するために行政、民間企業、利用者、地域といった枠にとらわれない「連携と協力の姿」が今の社会に必要になっていると思いませんか。


道路協力団体制度 指定証(一部)


□ 参考となるインターネット上の情報

「道路協力団体」指定証の交付式を開催(国土交通省 中部地方整備局)

道路協力団体制度(国土交通省)

「ラブロード南信州の日」(令和5年8月24日)


NEW

  • 施工状況(藤沢川災害復旧工事)

    query_builder 2024/02/16
  • 三峰川の最奥地での工事に挑んだ(小瀬戸第2砂防堰堤)

    query_builder 2024/02/02
  • ~ 道路の魅力向上(道路協力団体制度) ~

    query_builder 2024/01/26
  • ~ 誰もが働きやすい現場とは(女性や若手技術者の目線で現場を見る) ~

    query_builder 2024/01/26
  • ~ これからの天竜川の治水 ~

    query_builder 2024/01/26

CATEGORY

ARCHIVE